Beautiful Harmony

新元号発表を祝して当分の間ブログタイトルを変えます。英訳の響きが良いですよね。明るい時代になりますように

ついにサンバイオが寄り付き。今後の値動きを考察


Azキング(@Az15709514)と申します。軽い自己紹介はこちら 

 

サンバイオ<4592>が5日振りに寄り付き、再び売買代金上位に出てきました。

今日は全市場でもダントツのトップ、1,300億円です。 

 

株価は最高値から約80%下落という暴落になりましたが、今後どうなっていくのか考察します。

 

注:あくまで個人的見解です。投資判断は必ずご自身で行ってください。考え続けることが糧になります。 

サンバイオについて軽くおさらい

サンバイオ 月足

月足です。ひどい形してますね・・

昨年10月の地合悪化による下落から一転、11月から大相場となりました。

ところが、1/29の引け後に虎の子だった新薬の臨床試験が主要評価項目を達成できなかったとの発表が嫌気され、今に至るところです。 

寄り付き以降の値動き

サンバイオ 5分足

5分足です。

始値は2,440円でした。その後2,401を下限にもみ合い、前場引け前から後場にかけて2,880円までリバウンド。

しかし14時ごろから失速し、最後は少し切り返して2,620で引けました。

 

試しに買ってみました。

サンバイオ 1分足

1分足を見ていたのですが、中期線を往って来いして再び上がってきたところで中期線割れをロスカットに設定してエントリー。

 

一目均衡表の雲がねじれており、抵抗になったら後場から意外と跳ねるかも・・と思っていた矢先に用事が入ったので泣く泣く前場引け成りで手仕舞い。

(一目均衡表)

サンバイオ 1分足

36万株の売り板が引っ込んだというツイート通知が来ていましたが悔しくないです。・・悔しくないですよ?

 

あとエントリーの動機付けとしては、寄り付きからの保ち合いが想定していた価格帯で動いたというのもあります。

その場で考えるより、この方向に動いたら見てるだけにしよう、ロスカットはこうしようというイメージが沸きやすいので。

 

想定していたのは、今日の値幅制限帯に過去下げ止まっているポイントが複数あったからです。

「絶妙なところで揉み合っている」とツイートしたのはこのためですね。

サンバイオ 日足

一旦の下げ止まりを、赤枠の下部2,421~2,800円あたりでざっくり予想していました。

2,400円にタッチしかけたときは一瞬うっ!と思いましたが、なんとか耐えて保ち合いから上にブレイク。

 

もっと乱高下するかと思いましたが、まだデイトレでうまく値幅取れるレベルでよかったです。

でも歩み値が一瞬で流れていったアルゴ注文もありましたから、手に負えないと思ったら触らないほうが良いですね。ヤムチャがビルスと戦うぐらい無謀。 

明日以降の値動きは?

暴落時のサンプルとしては、TATERU<1435>などでしょうか。

 

今週はマイナーSQで、明日あさっては大型から新興へ資金流入があるかもですし、一段下げとなってもボラティリティの激しいリバウンドがあるかもしれません。

 

ただし、過去上場廃止になったバイオ株のアキュセラなどを見るとリバっている最中、突然の寄り付きストップ安という事態もあり得ます。

デイで自信あって取れるところだけ取り、持ち越し厳禁が鉄板でしょう。

 

 

株とか関係なく余談になるのですが・・

件の新薬はかなり画期的で、実用化すれば助かる方がたくさんいらっしゃるはずです。

個人的にはがんばってもらいたいです。

 

diamond.jp

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。