Beautiful Harmony

新元号発表を祝して当分の間ブログタイトルを変えます。英訳の響きが良いですよね。明るい時代になりますように

今週の株式相場。堅調な値動きだが来週にかけて油断は禁物


こんにちわ。こんばんは。おはようございます。

Azキング(@Az15709514)と申します。

 

2月4週目が終了し、あと1週を残すのみとなりました。

 

先週ほどではありませんが割と良地合でしたね。

一週間の振り返りと今後を考察します。

 

ではチャートを見ていきます。

 

注:あくまで個人的見解です。投資判断は必ずご自身で行ってください。

日経平均チャートのテクニカル分析

日経平均は5日連続陽線

日経平均 日足
日経平均 日足

日足です。同じチャートに移動平均線と一目均衡表を描写しました。

先週末、急反発後に少し下落していましたがこれが見事に押し目だったようです。

小幅ながら5日連続陽線となりました。

週明け月曜日は、先週金曜のダウが急上昇したことを好感して窓を空けてのスタート。

その後は21,500円に接近したときに売りが強くなる場面はありましたが、先週で一連の決算発表が終わり織り込まれたことや、ダウと為替もさほど大きな動きがなかったことから概ね堅調な一週間でした。

少しずつですが出来高を増やしながら上昇しており、見せかけの上げではない可能性を感じます。

 

テクニカル面では75日移動平均線を越え、75日移動平均線自体も平行になってきました。

一目均衡表は雲を抜けたまま、基準線と転換線の位置関係を維持できています。

外部環境がよければ上げていく準備を整えつつありますね。

 

目立った悪材料がないことが大きいと思いますが、ダウと為替は順調に上げてきていますね。

為替は先週週足ベースで上ヒゲの長い寄引同時線を引いていましたが、過度に円高に振れることもありませんでした。

フラッシュクラッシュ前の水準に戻ってきたので、しばらく110円~111円のレンジになるかもしれませんね。

 

先週までのドル円の推移はこちら↓  

www.nogikabublog.com

日経平均週足は反発ラインを越えた

日経平均 週足
日経平均 週足

先週まで反発ラインだった13週移動平均線を明確に越え、5週移動平均線とのミニゴールデンクロスを果たしました・・とはいえ、やや上抜いただけですけどね。

26週線や一目均衡表の雲での反発に注意しながら、それを抜けられるか期待したいところです。

日経平均は来週どうなる? 海外リスクイベントが続く

では今後のスタンスですが、私は引き続き短期的に上方向で見ています。

先週に述べましたが、例のバレンタイン以降の値動きが今年も効くのか注目です。

  

ただしリスクイベントのひとつとして、米中貿易協議期限が3/1に迫っています。まさに来週末になります。

期日に協議が不調で終われば、翌2日から関税引き上げとされていますが、トランプ氏は合意に近づけば交渉を延長し、引き上げの先延ばしを示唆しています。

一方で引き上げが回避されれば当然、追い風になるでしょう。半値戻しとなる21,700円を試すかもしれません。

翌一週間は協議の進捗に注目しておきたいと思います。

 

現地時間の火~水曜にはパウエル議長の議会証言もあります。米株がどう反応するか注目です。

 

ここのところ堅調な値動きですが、油断せず地合急変にも対応できるように資金管理を行いたいですね。

ラジオ日経で言っていましたが、3Q決算発表のうち約半数は業績見通しを据え置いているそうです。

下方修正した銘柄は売られすぎのリバだと思いますが、そうでない銘柄は本決算に向けてまだ織り込んでいない可能性がありますから、個別ではそういう点にも注意が必要です。

 

余談ですが来週2/25は2月末優待銘柄の権利付最終日です。

クロスする方は一般信用の確保できましたでしょうか? 

マザーズ指数チャートのテクニカル分析

マザーズ指数もついに反発!

次にマザーズ指数です。日足から。

マザーズ指数 日足
マザーズ指数 日足

先週とは打って変わり、急反発の一週間となりました。

 

時価総額トップのメルカリ<4385>が先週に引き続き大きく上げ、アンジェス<4563>やソレイジア・ファーマ<4597>といったバイオ株に大きな動きがあり、上昇率の上位に入ってきました。

その結果、指数は5日移動平均線を上回ったまま25日移動平均線とのゴールデンクロスを果たし、75日移動平均線も目前に迫っています。

一目均衡表でも雲の下限で反発し、上抜けた形になりました。 

4週ぶりの週足陽線となったマザーズ指数

マザーズ指数 週足

出来高の増加を伴った反発になりました。

これがトレンド反転のサインなのか注目です。

 

ただし26週移動平均線を抵抗とした下落から、9月・12月の流れをなぞる可能性が残っていることは継続して意識しておきたいと思います。

新興市場は来週も引き続きバイオ関連に注目。IPOも続々と

個別では、先ほど述べたようにバイオ関連が強くなっています。

明確にプラス材料が出て上げているもの、思惑で上げてきているもの、目立った材料なく連れ高などに分かれると思いますので、単純に出遅れ銘柄がチャンスと早まらずに一旦落ち着いて調べることがリスク回避になります。

連れ高で単に仕手化しているだけなら資金が抜けるのも早いですしね。

 

一方で決算反応のよかったベルトラ<7048>などが下げ始めており、資金が循環しているのでしょう。

資金が集中するとボラティリティが大きくなりますが、利益期待値とリスクが同時に増大していることを忘れないようにしたいですね。

 

そして、今週からIPOが再開しました。

今年初のIPO、識学<7049>は初値が付きませんでした。

公募価格1,800円に対し既に4,140円と高くなっていますので、余程自信がない限り無理に飛びつく必要はないでしょう。

マネーゲームですから根拠のないエントリーは絶対にダメです。 

来週予定されているIPO

2/26 リックソフト<4429>

2/27 東海ソフト<4430>

2/28 スマレジ<4431>、フロンティアインターナショナル<7050>

個人的に注目しているのは公開株数の少ないリックソフトと、ロックアップ期間が6か月のフロンティアインターナショナルです。

初値が高騰しやすく、業績や需給面でもセカンダリーの上昇を狙える可能性を感じます。

ただ上場直後は一旦下げることもあるでしょうから、しばらく監視リストに入れて様子見です。

 

新興も地合が良化してきたように思えますが、先に挙げた米中貿易協議など外部環境により市場全体がリスクオフにならないか注意が必要です。

日経平均が下げても新興は元気、という状況になればいいんですけどね・・

 

本当に資金の入っている銘柄を見極めれば、値幅を取りやすくなってきている気がします。 

今週のまとめ

  • 日経平均は続伸。新興は反転の兆し?
  • 特にイベントがなかったため総じて堅調であったが、来週から海外イベントが続くため動向に注意
  • 乃木坂46、デビュー7周年を迎え7th YEAR BIRTHDAY LIVE開催。最終日2/24は西野七瀬の卒業コンサート。ネット配信で参加します(聞いてない)
  • 欅坂46、8thシングル『黒い羊』のリリース目前。音楽番組への出演相次ぐ

  

最後までお読みいただき、ありがとうございました。